聞き屋のたぬ吉

矛盾の総和が人生だ

渋谷区にて

【2018年2月13日】

 

夜の7時過ぎ、渋谷区内の某所で座っていたら、いかにもセンター街代表といった感じの強烈なギャル二人組がやって来た。



ギャルA「え、なにこれウケんだけど!聞き屋だって!」

ギャルB「なんかクマいるし、やばい!」

 

 こんばんは~

 

A「お兄さんここで何してんですか?」

 

 いやぁ、お話を聞いてるんですよ

 

B「聞いてどーすんの!?」

 

 秘密を握って、後からユスるんですよ^^

 

A「何それ~超ウケんだけどぉ~!!」

B「うちら別に大した秘密ないよ(笑)」

 

 二人とも今日は買い物とかですか?

 

AB「えー、聞いちゃう?」

(見つめ合ってくすくす笑い出す二人)

 

 どうしたの^^

 

B「家出してんの(笑)」


 ありゃー、でも家出にしてはえらい荷物が少ないけど、着替えとかどうしてるの?

 

A「えー、そんなのけっこう何とかなるもんだよ」

 

 下着とか替えないと気持ち悪くない?

 

A「毎日なんか取り替えないよ~。ナプキンつけて一日、取って二日、ひっくり返してナプキンつけて三日、取って四日!ほらっ、四日持った!!」

 

 そんなんでいいんだ(笑)


B「てかその理屈だとさー、ナプキンだけ取り替えてれば永遠に履けんじゃん」

A「それなっ!ギャハハハ!!」

 

 洗濯しましょう^^

 

A「てかさーなんなの、このクマ!」

 

 こいつは僕の相棒ですよー

 IKEAでね、980円で売ってました

 

A「980円!やばー!!」

B「名前とかあんのー?」

 

 くまきちです

 

A「くまきち!ウケんだけどー!!」

B「えーじゃあこっちのアリクイは!?」

 

 こいつね、アナさんて言います

 

A「なんでアナさんなのー?」

 

 最初アナグマだと思ってたんだけど、名前つけてからアリクイだってことに気づいて、でも訂正するのも面倒だからアナさんのままっていう^^

 

B「なんだ~下ネタかと思ったら違った」

A「んなわけないじゃんバカじゃないの(笑)」

B「違うの聞いて!こないだミユのお店に新しい女の子入ってきたんだけど、なんて名前だと思う?アナミちゃんだよ!?それもうぶっちゃけ下ネタ狙ってるっしょってマネージャーに聞いたら、アナミは本人の希望だって言いはんの!絶対嘘だよね!?」

 

 なんか、いそうでいなそうだけどいそうで、でもやっぱりいなそうな名前ですね~

 

A「くどっ」

B「やばい、ウケる~!!」

 

 キャバクラの源氏名かなにかです?

 

A「あー、うーんまぁ」

B「べつに言っても平気じゃね?聞き屋だし」

A「だよね!実はうちら風俗で働いてて~」

 

 あ、そっちのほうでしたか!

 

B「お兄さん風俗とか行かなそー(笑)」

 

 行きませんねー

 

A「え、彼女いますー?」

 

 いると言えばいますけど、いないと言えばいないですねー

 

A「もー、くどいからー(笑)」

B「えなにそれ人妻と不倫とかそーゆう系?」

 

 惜しいー、ゲイなんですよー^^

 

A「えー嘘まじで!?じゃ彼氏ってこと!?」

B「てか全然惜しくないし!ギャハハ!!」

 

 これがそうでもなくて、場合によっちゃあ不倫よりタチが悪いんですよ

 

A「自分で言っちゃった!」

B「えなになに、どーゆうこと(笑)」

 

 奥さん子供いるの隠してて、捨てて来ちゃった!みたいなのが一番始末が悪いんです

 

A「あーあれだ!男に取られた男は」

B「戻ってこない!!」

 

 `^ω^

 

A「えでも好きになっちゃったんならいんじゃない?二人がよければ」

B「てかうちらいくつに見えます??」

 

 すみません、お後がよろしいようで……

 

AB「えっ?」

 

警察官「はいタバコ消して。君らいくつ?」

 

─────────────

 

気付いていた。

二人とも未成年ということも、同時に普段はもっと年上に見られていることも、そう見られたいと思っていることも、しかしそんな幼さを疑わず簡単に騙される大人たちこそもっとも嫌悪していることも、絶えず爆発したように笑っていないと自我を見失ってしまうことも、タバコを持った左手の内側の手首から第一関節にかけて夥しく整列した白線の死骸のことも、何もかも。

 

 

警察官は、ちゃんと気付けるのだろうか。