聞き屋のたぬ吉

相席をした彼の名は悲しみ

ある朝に、思うこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「寄り添いたい」と大書してしまったものの

現実はそう上手くいくはずもなく

 

虚無が漂う

 

 

(amazarashi「自虐家のアリー」2015年)

 

 

feelsogood.hatenablog.com

 

(amazarashi「つじつま合わせに生まれた僕等」2009年)